iPhone修理のアイフォンプラザ横浜本店

最短15分の即日iPhone修理。迅速丁寧を心掛けています!

iPhone6Plus

iPhone6Plusバッテリー組み立て手順

iPhone6Plusのバッテリー組み立て手順を解説いたします。
組み立ての前に分解手順を知りたいという方は、「修理初心者必見!iPhone6Plus分解手順」及び「初心者必見!iPhone6Plusバッテリー分解手順」で詳しく紹介しているのでそちらを見てみて下さい。


それではここから組み立て手順を紹介していきますが、通常、修理の場合は古いバッテリーを取り出してから新しいバッテリーに交換して取り付けるという作業になりますので、先にiPhone6Plus用の低価格バッテリーをご紹介いたします。


アマゾンで簡単に買える交換用iPhone6Plusバッテリー&固定テープ


iPhone修理用パーツはアマゾンで気軽に買えるので、紹介しておきます。
交換用バッテリーとバッテリー固定用両面テープの同時購入をお勧めします。










バッテリーを購入する場合は必ずPSEマークを取得しているものにしましょう!


PSEは、法律を守って製造もしくは輸入された「特定電気用品以外の電気用品」に 表示されるマークです。
「特定電気用品以外の電気用品」には、一般家庭などのコンセントにつないで使用するもの(冷蔵庫、洗濯機、エアコン、テレビなど)などがあります。
電気製品にもよりますが、このマークはおおむね電気製品の側面や裏面についている銘板などに表示されています。 製造・輸入事業者が、自分たちで安全性を確認したうえで表示されます。

「電気と安全な暮らし~もっと詳しく!」より

iPhone6Plusバッテリー組み立て手順


いよいよここから組み立てに入ります。順番に説明していきますので、焦らず慎重にやっていきましょう。

バッテリー固定用両面テープを貼る


バッテリーを固定する為、iPhone6Plus専用のテープを準備しておきます。
iPhone6Plus バッテリー テープ
貼付けに失敗しないよう、まずは貼付けの位置を確認しておきます。
バッテリー テープ 位置
貼り付け位置を確認したら、バッテリーにテープを貼っていきましょう。
バッテリー テープ
バッテリーにテープを貼り終えたら、今度は本体側にバッテリーをセットします。テープが付いているので、しっかりと固定されます。
バッテリー 固定

コネクタ・カバー・ネジを付ける


専用のテープでバッテリーをセット出来たら、バッテリーコネクタをしっかりとはめ込みます。
バッテリーコネクタ
コネクタの上からカバーをセットしておきます。
バッテリーコネクタカバー
最後にカバーの上から2つのネジを取り付ければバッテリーの取り付けは完了となります。
バッテリー ネジ

まとめ


iPhone6Plusのバッテリー組み立て作業は如何でしたでしょうか?
この作業もそれ程難しい事はないかと思います。ただ注意して頂きたい点として、購入したバッテリーが初期不良である場合もあるという事は頭に入れておいた方が良いです。ですから、実際に修理する場合はバッテリーを両面テープで固定してしまう前に、バッテリー及びフロントパネルのコネクタのみを接続し、動作チェックを行います。問題がなければテープを貼って固定するというようにして下さい。


ご自身での修理によって発生した故障、不具合等について、当店では一切の責任を負いかねます。又、ご自分でiPhone修理を行った場合はメーカー保証の対象外となりますので、修理を行う場合はデメリット等もご理解の上、全て自己責任でお願い致します。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK