iPhone修理のアイフォンプラザ横浜本店

最短15分の即日iPhone修理。迅速丁寧を心掛けています!

iPhone6s

iPhone6sフロントパネル交換修理【組立手順】

今回は、iPhone6sのフロントパネル組み立ての手順を紹介したいと思います。
iPhone6sのガラス割れや液晶不良、その他タッチ操作不具合等の場合に自分で修理をやってみたいと思う方は、まずは「修理初心者必見!iPhone6s分解手順【基礎編】」をご覧ください。


さて、それでは組み立ての手順を紹介していきますが、その前に交換用のフロントパネルを事前に用意しておく必要があります。
アマゾン等でも簡単に購入する事ができますが、安くても品質のよろしくないものも多く出回っていますので、単に安いという理由だけで購入するのはお勧め出来ません。


iPhone6sフロントパネル組み立て手順


ここからはiPhone6sフロントパネルの組み立て手順となります。
フロントパネル分解に関しての手順は「iPhone6s液晶画面修理【分解手順】」で詳しく紹介しているので、修理初心者の方はそちらから見てみて下さい。
まずは交換用の部品(iPhone6s用フロントパネル)を用意します。



DigiPressテーマセールスページアイフォンプラザ Web Shop
アイフォンプラザWeb Shopでは、iPhone6sのフロントパネルを販売しています。純正リサイクル品ですので、品質には自信があります。又、イヤメッシュも付属しているので安心です。

iPhone6s フロントパネル

フロントパネルは、以下のようなイヤメッシュが付属しているものを購入する事をお勧めします。


iPhone6s イヤメッシュ

部品の移植


分解時に取り外しておいた「近接センサープラスチックホルダー」と「カメラリングベゼル」を以下の通りに所定の位置に貼り付けます。
接着剤はプラモデル用の接着剤で問題ありません。
組み立て作業を行っている間に接着するように、最初に貼り付けておくと良いでしょう。


近接センサープラスチックホルダーとカメラリングベゼルは、分解時の最初に取り外しを行い、先に交換用フロントパネルに移植を行ってから分解を始めるという手順だと更に良いかと思います。(少しでも接着剤の乾燥時間を長くする為)




iPhone6s 移植

バックプレートの取り付け


交換用フロントパネル背面に保護フィルムが貼ってる場合は、フィルムを取ってからバックプレートを取り付けていきます。


iPhone6s フロントパネル カバー

側面のネジを取り付けていきます。


iPhone6s バックプレート 取り付け
iPhone6s 側面 ネジ
iPhone6s バックプレート ネジ

フロントカメラ部品の取り付け


バックプレートの取り付けが出来たら、フロントカメラ・イヤスピーカー等の取り付けを行っていきましょう。
まずは、付属のイヤメッシュをオレンジ色の枠の箇所に貼り付けます。


イヤメッシュ 取り付け

このような状態になります。


iPhone イヤメッシュ

イヤメッシュの左側にフロントカメラ部品を貼り付けるので、フィルムを剥がします。


イヤメッシュ フィルム

元の通りに組み立てていきます。


iPhone6s フロントカメラ

イヤスピーカーを元の位置にセットし、フロントカメラのレンズ部分が「カメラリングベゼル」にきちんと収まっている事を確認したら、その状態を維持したまま、うえからカバーを取り付けていきます。


イヤスピーカー iPhone6s

ネジは3つしっかりと付けましょう。


フロントカメラカバー

フロントカメラ部品、イヤスピーカー等がしっかりと収まっているか、横からも確認しましょう。


iPhone6s フロントカメラ

ホームボタンの取り付け


ホームボタンを取り付けていきます。オレンジ枠の部分のコネクタがグラグラと動いてしまわないよう、フロントパネルの溝の部分に収めておきます。


iPhone6s ホームボタン

取り外したホームボタンを丸い穴の部分に位置がズレてしまわないようにセットします。


ホームボタンをセットしたら、コネクタをしっかりとはめます。ここのコネクタをしっかりとはめておかなかったり、壊してしまうとTouch ID(指紋認証)の不具合の原因となりますので、十分に注意して作業を行ってください。


指紋認証

コネクタを付けたら、上からホームボタンプレートを取り付けます。


ホームボタンプレート

フロントパネルの取り付け


フロントパネルを本体側に取り付けます。3つのコネクタをしっかりと取り付けます。


iPhone6s フロントパネル コネクタ
フロントパネル コネクタ

コネクタをしっかりと取りつける事が出来たら、上からプレートを被せてネジを締めます。


コネクタカバー

あとはフロントパネルを本体側に元通りにはめ込み、星形ネジを2つ締めれば作業完了となります。


iPhone6s 星形ネジ

最後に動作チェックを行い、問題がなければ画面交換修理は終了です。お疲れさまでした。


動作確認

最後に


如何でしたでしょうか?
今回紹介させて頂いた作業の中で最も注意するべき点は、ホームボタンの取り付けです。
万一カメラやイヤスピーカー等の部品を作業中に壊してしまったとしても、部品交換で直せますが、Touch ID(指紋認証)が故障してしまうと、部品交換をしても修復不可能となりますので、十分注意をして作業するようにして下さい。


ご自身での修理によって発生した故障、不具合等について、当店では一切の責任を負いかねます。又、ご自分でiPhone修理を行った場合はメーカー保証の対象外となりますので、修理を行う場合はデメリット等もご理解の上、全て自己責任でお願い致します。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK