iPhone修理のアイフォンプラザ横浜本店

最短15分の即日iPhone修理。迅速丁寧を心掛けています!

iPhone

iPhoneのバッテリー交換時期の目安が分かるアプリ「Battery Care」

iPhoneを使用していて、バッテリーの減りが早いと感じている方も多いのではないでしょうか?
満タンに充電して家を出たのに、半日位で充電切れ・・・
こんな状態では重要な連絡を取らなければいけない時などは本当に困ってしまいますよね。


iPhoneの設定を変更する事でバッテリーの消費を最小限に抑える方法もありますし、モバイルバッテリーを持ち歩くといった方法もありますが、そもそもバッテリーの容量が減っている状態であれば、そのような方法はあくまで応急処置にすぎません。
すぐに充電切れになってしまうといった症状の原因が、バッテリー容量の低下であるならば、バッテリー自体を新しいものと交換する必要があります。


ですから、充電の減りが早いと感じる場合や、まだ充電が残っているのに電源が落ちてしまう等の症状がある場合は、現在のバッテリー容量を確認してみましょう。
確認方法は、以下の無料アプリで簡単に確認する事が可能です。



バッテリー容量確認アプリ「Battery Care」


バッテリーケア
Battery Care

こちらのアプリはシンプルで、バッテリー交換時期の目安が非常に分かり易くお勧めです。


iPhoneの充電を何度も繰り返していくと、バッテリー容量は減っていきます。
容量が減るという事は、要はバッテリーの充電出来るスペースが少なくなるという事です。
新品未使用のバッテリーの場合は、充電出来るスペースが100%ありますが、充電を繰り返していくうちにその充電可能なスペースが徐々に減っていき、例えば容量50%となった場合、満タンに充電をしたとしても、最初に比べて50%しか充電を溜める事ができませんので、当然の事ながら充電切れになるのも早くなります。
バッテリー容量を増やすには、新しいバッテリーと交換をするしか方法がありません。


最後に


当店でも、現時点では発売から2年以上が経過したiPhone6のバッテリー交換を希望されるお客様が非常に増えてきています。
バッテリー交換希望のお客様のiPhoneを店頭にて「Battery Care」から容量チェックして頂くと、50%未満の方が多いです。


当店のバッテリー交換修理は、最短でお預かりからおよそ20分程度で完了致しますので、充電の減りなどが気になる方は、まずは「Battery Care」で現在のバッテリー容量を確認して頂き、容量が減っている場合は是非お越しくださいませ。


又、必要な工具や交換用バッテリーを揃えれば、ご自身で交換修理を行う事も可能です。
iPhoneのバッテリー交換修理方法は、「修理初心者必見!iPhone6Plus分解手順」「初心者必見!iPhone6Plusバッテリー分解手順」「iPhone6Plusバッテリー組み立て手順」を参考にしてみて下さい。


但し、修理に慣れていない方の場合は、修理後に何らかの不具合が発生してしまったり、それなりのリスクも伴いますので、事前に必ずバックアップを取っておきましょう。自分で修理するのはちょっと不安・・・という方は、やはりプロに任せてしまうのがベストな選択かと思います。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK