iPhone修理のアイフォンプラザ横浜本店

最短15分の即日iPhone修理。迅速丁寧を心掛けています!

iPhone

AppleでのiPhone6sバッテリー無償交換プログラムについて

iPhone6sを使用していて、充電が残っている状態にも関わらず突然シャットダウンしてしまう問題について、アップルでは2015年9月~10月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にあるiPhone6sのみ、無償でバッテリー交換を行うプログラムを開始しています。


iPhone6sがシャットダウンしてしまう問題で、アップルは「バッテリ部品がバッテリパックに組み込まれる前に、調整された周囲の空気に必要以上に長い時間さらされたこと」が原因だとしていますが、今回はプログラム適用対象端末の確認方法と注意点について記載していきます。


確認方法


以下のサイト内のシリアル番号入力欄に、ご自身で使っている端末(iPhone6s)シリアル番号を入力する事で、その端末がバッテリー無償交換の対象となっているかどうかを確認することが出来ます。


シリアル番号は、端末の「設定」⇒「一般」⇒「情報」で確認する事が出来ます。
又は、元箱を持っている場合は、元箱の底面にも記載がされています。但し、初期不良等により端末交換をしている場合、元箱記載のシリアル番号と端末のシリアル番号が異なりますので、端末側で確認するのが最も確実な方法です。


iPhone6sが突然シャットダウンする問題に対するプログラム - Apple サポートiPhone6sが突然シャットダウンする問題に対するプログラム - Apple サポート
こちらのサイト内で、iPhone6sのシリアル番号を入力すると、バッテリー無償交換プログラムの対象かどうかが分かります。

プログラムの適用対象の場合、以下のような表示になります。


バッテリー無償交換

交換手続きについて


上記サイトでご確認頂き、バッテリー無償交換プログラムの対象となっている場合、まずはアップルストアやアップル正規サービスプロバイダ、アップルテクニカルサポートのいづれかに問い合わせてみましょう。


但し、こちらのプログラムでバッテリー無償交換を行ってもらう場合は注意点もありますので、予めよく確認しておくようにしましょう。


注意点


アップル公式WEbサイトには、以下のような記載があります。


お使いの iPhone6sをバッテリー交換サービスに出す前に、あらかじめ下記の準備をしておいていただきますようお願いいたします。
  • iTunes または iCloud にデータをバックアップする。
  • 「iPhone を探す」をオフにする。
  • 「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップして、データと設定をすべて消去する。


「Appleサポート」より抜粋

まず、こちらのプログラムでバッテリー交換を行ってもらう場合、事前にデータの完全消去を行う必要があるようです。
ですので、必ずバックアップを取っておく必要がありますね。
つまり、「バックアップを取る」⇒「データの消去」⇒「バッテリー交換」⇒「データの復元」という手間が掛かりますのでご注意ください。


またもう一点、以下の記載がある事も注意しておきましょう。


注:画面のひび割れなど、バッテリーの交換に支障をきたす損傷がある場合は、そちらを先に修理する必要があります (場合によっては別途修理料金がかかることがあります)。

「Appleサポート」より抜粋

こちらの記載を見る限りでは、バッテリーの交換に支障をきたす損傷がある場合とありますが、画面のひび割れという事以外には、具体的にはどの程度までの損傷なのかが明確ではありません。
バッテリーを無償で交換してもらえると思い、交換に出してみると端末の何らかの不具合を指摘され、修理料金を取られてしまった・・・
なんて事がないように、事前によく確認をしておく事をお勧めします。


最後に


実は私の愛用しているiPhone6sを確認したところ、このプログラムの適用対象となっておりました。
私と同じくiPhone6sを使用していて、過去に突然シャットダウンしてしまうような症状が現れた事のある方は、一度チェックをしてみては如何でしょうか?


バッテリー無償交換プログラムについての詳細は、AppleストアやAppleサポート、又はApple正規店等へ直接お問い合わせください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK