iPhone修理のアイフォンプラザ横浜本店

最短15分の即日iPhone修理。迅速丁寧を心掛けています!

iPhone5S

修理初心者必見!iPhone5Sバッテリー交換【分解手順】

2013年9月に発売されたiPhone5S。発売当初から使い続けていて、過去1度もバッテリー交換を行ったことがないという方は、「充電の減りが早い」「充電が残っているのに突然シャットダウンしていまう」といった事はないでしょうか?
そのような症状が出てきている場合、バッテリーの劣化(バッテリー容量の低下)が原因と考えられます。但し、バッテリー以外の箇所に何らかの不具合が発生している事が原因となっている事も可能性としてはありますので、まずは現在のバッテリーの容量を確認してみましょう。
バッテリー容量の確認方法は、「iPhoneのバッテリー交換時期の目安が分かるアプリ「Battery Care」」で紹介していますので、一度目を通してみて下さい。充電の減りが異常に早いと実感している方は、バッテリー容量が50%前後又はそれ以下になっている場合が多いです。


新しい端末に買い替えをする事も選択肢の一つですが、バッテリー交換をする事で「充電の減りが早い」「充電が残っているのに突然シャットダウンしていまう」等の症状が改善されるのであれば、かなりの低価格で寿命を伸ばすことが出来ます。


バッテリー交換は、当店のようなiPhone修理店でも低価格で出来ますが、自分で交換する事も可能です。今回は、自分自身でバッテリー交換をしてみたいという方を対象に、5Sのバッテリー分解手順を解説していきます。


iPhone5Sバッテリー分解手順


バッテリー交換を行うには、まずは本体からフロントパネルを取り外す作業が必須となります。
5Sのフロントパネル取り外しに関しての手順は「修理初心者必見!iPhone5S分解手順【基礎編】」をご覧ください。


さて、無事にフロントパネルを取り外し終えたら、ここからバッテリーを外す作業に入ります。


バッテリーケーブルのコネクタを外す


写真丸印の2ヵ所をプラスドライバーで外します。ここの2ヵ所のネジを外したら、コネクタカバーを取っておきます。
5s バッテリーコネクタ

コネクタのカバーを外したら、ヘラ等でコネクタを外します。


5s バッテリー

バッテリーのテープを剥がす


これでバッテリーが分離した状態になりましたが、バッテリーがテープで本体に貼りついていますので、テープを剥がしていきます。


5s バッテリーテープ

バッテリーのテープは、ベロがありますのでベロを少し引き出した状態で、ハサミ等でベロの中間部分を切っておきます。そうする事で、テープを1枚ずつ引き出す事が出来ます。


バッテリーテープ ベロ

テープはゆっくりと引く事で、綺麗に剥がすことが出来ます。


バッテリーテープ

テープが途中で切れてしまった場合は、ヘラ等をバッテリーの下に入れてテコの原理で持ち上げます。金属製のヘラ等を使用すると、フレーム部分を傷付けてしまう事があるので注意して下さい。
又、ロジックボード側からヘラを入れると、ロジックボードを壊してしまう危険があるので、必ずロジックボードと反対側から入れるようにして下さい。


ヘラ

テープを完全に剥がせたら、バッテリーが完全に分離します。


5s バッテリー 分解

最後に


5Sに限らず、iPhoneのバッテリー交換は比較的簡単に行うことが出来ます。低価格・店舗に出向く必要がない等のメリットがある反面、少しのミスで電源が入らなくなってしまったり、故障してしまう危険性もありますので、どうしても自分でチャレンジしてみたいという方以外は、プロに任せてしまった方が良いかと思います。


ご自身での修理によって発生した故障、不具合等について、当店では一切の責任を負いかねます。又、ご自分でiPhone修理を行った場合はメーカー保証の対象外となりますので、修理を行う場合はデメリット等もご理解の上、全て自己責任でお願い致します。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK