iPhone修理のアイフォンプラザ横浜本店

最短15分の即日iPhone修理。迅速丁寧を心掛けています!

iPhone6s

修理初心者必見!iPhone6s分解手順【基礎編】

今回は、iPhone6s修理の為の基礎となるフロントパネル取り外し手順を紹介していきたいと思います。
フロントパネル取り外しの手順としてはiPhone6や6Plusとほぼ変わりはないですが、6sの場合、フロントパネルと本体側フレームがテープで貼りついていますので、初めての方は少々苦労するかもしれません。
その点も踏まえて詳しく解説していきますので、是非参考にしてみて下さい。



それではここから分解手順を説明します。



iPhone6sのフロントパネル取り外し手順


iPhone6sの場合もやはり、まずはフロントパネルを取り外さなければ始まりません。iPhone6sを分解修理する為には必ず最初にやらなければいけない作業となります。


星形ネジを2つ外す


お馴染みの星形ネジを2つ外します。ネジがなめてしまわないように注意が必要です。


iPhone6s 星形ネジ

フロントパネルを開ける


星形ネジが取れたら、今度はフロントパネルを開けていくのですが、パネルがテープでくっついているので、6や6Plusのように簡単には開きません。
なので、まずはフロントパネルとフレームの隙間に薄いヘラを少しずつ差し込んでいきます。


CHECK

ヘラを差し込む時にフレームに傷を付けないように注意して下さい。


6s-fixit-2

フロントパネルが少し浮いたら、そこに爪をひっかけておき隙間を確保します。隙間を確保したら、プラスチックヘラを差し込み、少しずつパネルを開けていきます。


iPhone6s ヘラ
フロントパネル側にテープがくっついてきますので、それを剥がしながら開けていきます。
iPhone6s テープ

フロントパネルを開けることが出来たら、4つの(プラス)ネジを外します。写真の丸印の箇所のネジを外したらプレートも取っておきましょう。


iPhone6s ネジ

プレートを外しましたら、3つのコネクタを外します。まずは一つ目。/


iPhone6s コネクタ

次に残り2つのコネクタを外します。


iPhone6s コネクタ

写真の通りに3つのコネクタを外すことが出来たら、本体側とフロントパネルが分離した状態になりますが、6sの場合はフロントパネル側にテープがひっついてくるので、組み立ての時の為にテープを剥がして本体側フレームに付けておきましょう。


6s フロントパネル テープ

これで無事に6s本体からフロントパネルを取り外す事が出来ました。


iPhone6s 分解

まとめ


如何でしたでしょうか?
作業内容としては6や6Plusとほぼ同じでしたね。ただ、冒頭で説明した通り、フロントパネルと本体側フレームがテープで接着されている分、ある程度慣れるまでは少し時間が掛かるかもしれません。
又、今回はオープナーを使わずにパネルを開けましたが、吸盤や専用のオープナーを使用してももちろん問題ありません。
色々と試してみて自分のやり易い方法で作業すると良いかと思います。


ご自身での修理によって発生した故障、不具合等について、当店では一切の責任を負いかねます。又、ご自分でiPhone修理を行った場合はメーカー保証の対象外となりますので、修理を行う場合はデメリット等もご理解の上、全て自己責任でお願い致します。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK