iPhone修理のアイフォンプラザ横浜本店

最短15分の即日iPhone修理。迅速丁寧を心掛けています!

iPhone6s

iPhone6s液晶画面修理【分解手順】

iPhone6sのガラス割れ・液晶不良・タッチ操作不良等の場合にはフロントパネル交換修理が必要となりますが、こちらの記事ではフロントパネルの分解手順を紹介していきたいと思います。
修理初心者の方でも分かり易いように解説していきますので、興味のある方は是非参考にしてみて下さい。


それではここから分解手順を解説をしていきますが、その前にフロントパネルを本体から取り外す作業が必須となります。ですので、初めて修理をするという方は、まずは「修理初心者必見!iPhone6s分解手順【基礎編】」を見てみて下さい。


フロントパネルを本体から無事に取り外したら、分解をしていきます。



iPhone6sフロントパネル分解手順


全てのiPhone修理に共通して言える事ですが、分解をするだけでは修理とは言えません。分解後に部品交換を行い、元通りに組み立てるという作業が必要になりますので、組み立ての事を考えながら効率的に分解作業を行っていきましょう。


液晶パネルのプレートを外す


まずは写真の丸印が付いている3つのネジを外しておきましょう。3つのネジが外れたら、イヤスピーカー&フロントカメラのカバーを取っておきます。


CHECK

イヤスピーカー&フロントカメラのカバーは、テープで貼りついている箇所(緑色の線の部分)がありますので、カバーを持ち上げながら、テープを切ってしまわないようにゆっくりと剥がしていきます。


カメラカバー

次に液晶パネルプレートを固定しているネジを外していきます。まずは、イヤスピーカー隣に横向きに付いているネジを外します。


液晶パネルプレート ネジ

横向きに付いている片側3つのネジを両側とも(計6カ所)外します。


右側ネジ
左側ネジ

プレートを固定している最後のネジを外します。


iPhone6s 下部 ネジ

プレートを固定している全てのネジを外したら、テープが貼り付いている箇所(緑色の部分)がありますので、ヘラ等で剥がしていきます。


プレート テープ

テープを剥がしたら、プレートを完全に取り外すことが出来ます。


プレート 分離

ホームボタンの取り外し


プレートを外したら、ホームボタンを取り外していきます。まずは、コネクタを先の細いヘラ等で外します。


iPhone6s ホームボタンコネクタ

貼りついて部分をヘラ等で慎重に剥がします。


iPhone6s ホームボタン

ホームボタンを表側から指でゆっくりと押しながら取り外します。


ホームボタン 分解

フロントカメラ+近接センサーの取り外し


フロントカメラ+近接センサーを取り外す為、まずはイヤスピーカーを取り外します。


イヤスピーカー

近接センサー部分(緑色の箇所)をヘラ等で上に持ち上げるようにして取り出します。


6s-panel-fixit-13
近接センサー

緑色の部分の下側にヘラ等を差し込み、剥がします。すると、フロントカメラ部品を本体側から取り外すことが出来ます。


フロントカメラ

フロントカメラ固定用のリングと近接センサー固定用ホルダーは、交換用のフロントパネルに移植するので壊さないように取っておきます。
これで分解作業は完了です。


iPhone6s 分解

最後に


如何でしたか?6や6Plusのフロントパネル分解よりも、多少難易度がアップしているかと思いますが、修理にチャレンジしてみたいという方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。
尚、Touch ID(指紋認証)が故障してしまうと修理は不可能なので、ホームボタンの取り外しの時は特に注意して慎重に作業してください。


ご自身での修理によって発生した故障、不具合等について、当店では一切の責任を負いかねます。又、ご自分でiPhone修理を行った場合はメーカー保証の対象外となりますので、修理を行う場合はデメリット等もご理解の上、全て自己責任でお願い致します。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK