iPhone修理のアイフォンプラザ横浜本店

最短15分の即日iPhone修理。迅速丁寧を心掛けています!

iPhone

不正利用を防止!SIMにPINコードロックをかける方法

iPhoneの盗難対策、皆様はどのようにされていますか?iPhone自体にはパスコードや指紋認証、iPhoneを探すやアクティベーションロックなどiPhoneの端末自体にセキュリティが施されていると言えます。
しかしながらSIMに関しては”何も対策していない”という方が殆どかと思います。

iPhoneにロックがかかっていても、SIMにロックがかかっていない場合、SIMを抜き取られることで例えば、海外に電話をかけられ高額な請求書が送られてくる可能性や、自分の番号で様々なところに電話をかけられてしまうリスクもあります。

事前にSIMに対してPINコードロックをかけていればそのリスクを低減することが出来ますので、今回はそちらの操作方法を紹介します。

SIMのPINコードロック設定方法


端末の操作で設定することが出来ます。


  1. 設定アプリを開く

  2. 電話をタップ
    電話

  3. SIM PINをタップ
    SIM PIN

  4. オンにします。
    SIM PIN オン

  5. 現在のPINコードを聞かれますので、初回の場合は9999を入力して下さい。
    (購入されたSIMによって違う可能性もありますので、不明な場合は購入キャリアに問い合わせ下さい)
    PINコード

  6. その後は初期値のままですとやはり不安ですので、PINの変更をして下さい。
    PINを変更

  7. 任意のPINコードを入力し完了をタップ

これで、新たにSIMを入れ電源を立ち上げる行為を行った場合にはPINコードの入力を行わない限り利用できない設定になりました。

通信キャリアが実施する通信停止の作業は?


紛失時のSIM不正利用防止に関して、通信キャリアに停止のお願いをする、という方法もあります。
じゃあ面倒な設定をしなくても、紛失時にはキャリアに連絡すればいいの?と思われるかもしれませんが、これにはデメリットもあります。

デメリット1:『iPhoneを探す』が利用できなくなる


“iPhoneを探す”の機能はiPhoneと通信をとることで位置情報を取得していますので、通信を止めてしまうとこちらの機能が利用できなくなってしまいます。

デメリット2:紛失に気がついて停止の電話を行うまでにタイムラグがある


通信の停止をキャリアにお願いするのは、あくまでご自身が能動的に実施する必要があります。
無くした・盗まれたときにすぐに気がつかないケースもありますし、やはりまずは”探す”ところから始めますので、すぐに通信の停止依頼を行うケースは稀といえます。その間は、SIMが自由に使われてしまうリスクとなります。

しかしながら、完全に通信を止めることが出来る、という点は見つからない場合はPINコードロックにはないメリットとなりますので、
こちらも方法を紹介しておきます、

大手通信会社での通信停止方法


docomo
docomo 通信停止docomoの通信停止に関するサイト
0120-524-360(24時間受付)に電話することで、停止の依頼ができるようです。


au
docomo 通信停止auの通信停止に関するサイト
こちらからwebでの手配を推奨しているようです。

電話での依頼方法は非常に見つけにくいですが、0077-7-113(24時間受付)への電話することでも依頼可能なようです。

参考サイト


Screenshot


SoftBank
SoftBank 通信停止SoftBankの通信停止に関するサイト
こちらもwebか電話で停止の依頼ができるようです。電話番号:0800-919-0113(午前9時から午後8時まで)

参考サイト


Screenshot


最後に


いかがでしょうか。
iPhone側の盗難紛失対策を行っていてもSIMまでは考えていなかった方もいるのではないでしょうか。
この機会にぜひPINコードロックを設定してくださいね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK