iPhoneを修理に出す前には必ずバックアップを!

iPhoneを修理に出す前には必ずバックアップを!

iPhoneのバックアップに関して

iPhoneやiPadを修理に出す際、大抵の修理店からは事前にバックアップを取るように伝えられるかと思います。
アップル正規店での端末交換でない限り、町の修理店では端末内部のデータはそのままの状態で修理を行います。
しかしながら、精密機器の分解修理となりますので、どこの修理店であっても、万が一(データが消えてしまう)という事もあり得ます。ですので、「データは絶対に消えては困る!」という方は必ず事前にバックアップを取ってから、修理に出すようにしましょう。
ここではiPhoneでのバックアップ手順及び確認方法を紹介致しますが、iPadも同様で、手順はとても簡単なので、覚えておきましょう。

iPhoneバックアップ手順

①「設定」アイコンをタップし、サインインしているアップルIDの名前の部分をタップします。

バックアップ iPhone

②次に「iCloud」の部分をタップします。

iPhone バックアップ

③「iCloudバックアップ」をタップします。

iCloudバックアップ

④自動バックアップ設定がオンになっている場合、赤枠の部分に最後にバックアップされた日時が表示されています。

⑤バックアップを取る必要がある場合、「今すぐバックアップを作成」をタップします。この時、iPhone(又はiPad)をご自宅や会社等の安定したWi-Fiに繋ぎ、途中で電源が切れてしまわないように充電した状態でバックアップを取るようにして下さい。

今すぐバックアップを作成

⑥「今すぐバックアップを作成」をタップするとバックアップが始まります。途中でキャンセルしたい場合は、「バックアップの作成をキャンセル」をタップしてください。

iPad バックアップ

以上で、バックアップの手順は終了です。注意点としては、⑤にも記載していますが、バックアップの際、安定していないWi-Fi(パチンコ店や町中に飛んでいる無料Wi-Fi等)には繋がず、必ずご自宅や会社等の安定したWi-Fiに繋ぐようにしましょう。途中でWi-Fiが切れたり、電源が切れてしまったりすると、本体の故障の原因になりますのでご注意ください。