iPhone

iPhoneバッテリーの消費を抑える4つのポイント

iPhoneバッテリーの消費を抑える4つのポイント

iPhoneバッテリー容量の確認

iPhoneのバッテリーは使用と充電を繰り返す事で劣化していき、バッテリー容量が低下していきます。

バッテリー容量とは、簡単に言うとバッテリー内の「充電が出来るスペース」です。新品のバッテリーの場合は、バッテリー内の充電が出来るスペースは100%ですが、劣化していく事でこの充電出来るスペースが減っていってしまいます。

例えば、バッテリー容量50%の場合、iPhone(又はiPad)本体を充電し、画面右上のバッテリー残量表示が100%になったとしても、実際にバッテリー内には新品の時の半分しか充電されていないという事になりますので、フル充電されるまでの時間も早く、減りも早いという事になります。

たまに当店のお客様から、「しばらく放置しておけばバッテリーの容量って回復しないの?」と聞かれる事がありますが、一度減ったバッテリー容量は元には戻せません。容量を基に戻す唯一の方法はバッテリー交換のみです。

バッテリー容量を確認する事で、バッテリーの交換時期をチェックする目安となります。

当店の推奨しているバッテリー交換時期は、バッテリー容量が80%以下になっている場合です。体感的に充電の減りが早いと感じる場合、バッテリー容量が80%以下になっている事が多い為です。

もしiPhoneを使用していて、充電の減りが以前よりかなり早くなったと感じるようであれば、まずはバッテリー容量を確認してみて下さい。『設定』⇒『バッテリー』⇒『バッテリーの状態』で、現在のバッテリー最大容量を見ることが出来ます。

バッテリーの状態
iPhone バッテリー容量

バッテリー消費を抑える4つの重要ポイント

ここからは、バッテリーの消費を抑える方法を記載していきます。バッテリー容量はそれ程減っていないのに、充電の減りが異常に早いと感じる場合、以下の重要ポイントをチェックしてみて下さい。

不要な機能をオフにする

使っていない機能がオンになっていると、その分電力消費します。その中でも、オンになりっぱなしの事が多く、電力消費が大きいのがWi-FiとBluetoothです。Wi-FiとBluetoothは、使用するときだけオンにし、使用が終わったら必ずオフにするよう癖をつけておく事で、かなりの電力消費を抑えられる筈です。

Wi-Fi Bluetooth

アプリのバックグラウンド更新をオフにする

バックグラウンドで動作するアプリも電力消費が大きいです。バックグラウンド更新が不要なアプリは、アプリを選択し、「Appのバックグラウンド更新」をオフにしておきましょう。

アプリ
Appバックグラウンド更新

ディスプレイを暗めに設定する

ディスプレイが必要以上に明るい設定になっていないでしょうか?デジスプレイの明るさを暗めに設定する事で、無駄な電力消費を抑える事が可能なので、暗めに設定しておく事をお勧め致します。

iPhone 明るさ調整

低電力モードに切り替える

低電力モードに切り替える事で、アプリのバックグラウンド更新も全てオフに出来ます。但し、低電力モードの場合、メールの自動受信は停止されるので、メールは手動で確認しなくてはいけない等のデメリットもあります。なので、低電力モードは外出先でバッテリー残量が少なくなった場合に使用する等、ご自身に合った使い方をして下さい。

iPhone バッテリー
低電力モード

最後に

バッテリー自体の劣化、容量の低下が原因で充電の減りが早くなっている場合は、バッテリー交換が必要になりますが、実は上記のような設定上の問題で充電の減りが早くなっているという事もあります。

充電の減りが早いと感じたら、まずはバッテリー容量や上記のポイントをチェックしてみて、それからバッテリー交換をするかどうか判断してみては如何でしょうか?

COMMENT ON FACEBOOK