iPhone

WebページをiPhone内にPDFで保存する方法

WebページをiPhone内にPDFで保存する方法

今回の記事では、WebページをPDF化してiPhone内に保存しておく方法及び、保存したPDFデータをPC等の他の端末で簡単に使用する方法を記載していきます。

Webページをオフラインで閲覧するにはリーディングリストに追加という方法もありますが、WebページをPDF化する事により、いつでもオフラインで見ることが出来るだけでなく、PDFファイルの状態で、メールやLINE等での送信やプリントアウト、PC等の他の端末で利用する事等が可能となります。

何かと便利な機能だと思いますので、まだ使ったことがないという方は覚えておくと良いと思いますよ。

WebページをPDF化してファイルアプリのフォルダに保存

WebページをPDF化して、iPhone内のファイルアプリのフォルダに保存する方法を説明していきます。ファイルアプリは、iPhone内にデータを保存出来るだけでなく、「iCloud Drive」「DropBox」「OneDrive」「Googledrive」等のクラウドストレージサービスに、このファイルアプリ一つで簡単にアクセスできる大変便利なアプリです。

ファイルアプリがインストールされてないという方は、AppStoreからインストールしておきましょう。

①まずはオンラインの状態でPDF化したいWebページをSafariで開き、写真赤枠の共有アイコンをタップ。

共有アイコン

②「オプション」をタップ。

オプション

③PDFを選択し、完了をタップ。

PDF

④「このiPhone内」の中から、保存先のフォルダを選択して保存する。今回はファイルアプリで「仕事用」というフォルダを作成しておいたので、そのフォルダ内に保存します。

このiPhone内

これでPDF化されたWebページがiPhone内に保存されたので、いつでもオフラインで閲覧することが可能になりました。

では次に閲覧方法をご説明します。

保存したPDFを閲覧する

今回の保存先はファイルアプリ内のフォルダですので、閲覧するにはまずはファイルアプリを開きます。

①「このiPhone内」から保存先のフォルダを選び、「選択」をタップ。

ファイルアプリ

②フォルダ内に保存が確認出来ます。

PDF保存
iPhone PDF

以上で、WebページのPDF化、保存、閲覧方法の説明は終了です。

iPhone内に保存したPDFデータをPCで使用する

ファイルアプリを利用すれば、iPhone内に保存しているPDF等のデータを簡単にiCloudDriveに保存する事が出来ます。この記事ではiCloudDriveへの保存方法をご紹介しますが、もちろんDropBoxやGoogleDrive、OneDrive等でもOKです。

iPhone内に先程保存したPDFデータをiCloudDriveにも保存しておけば、PC等のその他の端末で簡単に使用する事が出来ます。

iPhone内のPDFをiCloudDriveに保存する

①ファイルアプリ内のiCloudDriveを選択し、保存先のフォルダを作成します。空白部分を長押しするとメニューが表示されるので、「新規フォルダ」をタップ。

新規フォルダ

②任意のフォルダ名で作成し、完了をタップ。

フォルダ作成

③iCloudDrive内に保存先のフォルダが出来ました。

iCloudDrive フォルダ

④次に、先程作成したPDFデータが保存されている「このiPhone内」のフォルダへ移動し、PDFデータを長押しします。するとメニューが表示されるので、コピーをタップ。

iPhone内 フォルダ
コピー

⑤今度はiCloudDriveの保存先フォルダへ移動し、空白部分を長押しします。メニューが出るので、ペーストをタップ。すると、作成したiCloudDrive内の保存先フォルダ内にPDFデータが保存されます。

ペースト
データ保存 iCloudDrive

これでiPhone内に保存したPDFデータがiCloudDriveにも保存されました。

因みに、上記の方法よりも更に簡単で、複数のデータを一気に選択出来る方法もありますので、以下で手順をご紹介します。

iPhone内の複数のPDFをまとめてiCloudDriveに保存する

①iCloudDriveにコピー保存したいデータがあるフォルダ内で「選択」をタップ。

PDF 複数

②データを選択して、フォルダのアイコンをタップ。

iCloud 複数 コピー

③保存先のフォルダを選択してコピーをタップ。

iCloudDrive フォルダ

④iCloudDriveに複数のデータが一気にコピー保存されました。

iClouddrive 複数保存

PCでiCloudDriveにアクセスする

ファイルアプリでiCloudDriveへPDFデータを保存する事が出来たら、PC(又はその他のデバイス)からiCloudDriveへアクセスしてみましょう。

iPhoneで作成したフォルダと同じフォルダがある筈です。

iCloudDrive PC

フォルダの中を確認してみましょう。PDFデータが保存されているのが確認出来ます。

iCloudDrive アクセス

これでPCからもPDFデータを使用する事が可能になりました。

PC以外にも他のデバイスからiCloudDriveへアクセスすれば、同じようにiPhoneで保存したPDFデータを使用出来ますので、非常に便利ですね。

COMMENT ON FACEBOOK