iPhone, iPhoneX

修理初心者必見!iPhoneX分解手順【基礎編】

今回は、iPhoneXのフロントパネル取り外しの手順をご紹介いたします。以前のiPhone修理ブログでもお伝えしてきましたが、まずはフロントパネルを確実に外せなくては次に進むことが出来ません。あらゆる修理の基礎となりますので、「自分でバッテリー交換してみたい!」「自分で画面交換してみたい!」というiPhoneX修理初心者の方は、まずはこのページを見ながらフロントパネルを取り外してみて下さい。

以下ではアマゾンで購入出来るパーツをご紹介致しますが、商品についてのお問い合わせやご質問等につきましては、アマゾン出品者へ直接連絡してください。

それではここから、iPhoneXのフロントパネル取り外し手順を紹介していきます。

iPhoneXフロントパネル取り外し手順

星形ネジを外す

まずは本体の電源を切りましょう。

iPhoneX 電源

本体の電源を切ったら、お馴染みの星形ネジを外しましょう。ネジがナメてしまわないように注意が必要です。

iPhoneX 星形ネジ

当店お勧め星形ドライバー

フロントパネルを開ける

写真の通り、本体向かって右側にはフロントパネルと本体を接続しているケーブルがありますので注意が必要です。ケーブル側を勢いよく引き上げてしまったり、ヘラ等を差し込み過ぎたりしてしまうと、ケーブルを切ってしまう可能性があるので、慎重に作業を行ってください。

iPhoneX ケーブル 注意


星形ネジを外せたら、フレームとフロントパネルの隙間に薄いヘラ等を差し込みます。防水パッキンがあるので、簡単には開きませんが、フロントパネルが少し浮いたら、隙間にプラスチックヘラを差し込みます。

iPhoneX フロントパネル
iPhoneX ヘラ

プラスチックヘラを本体下部(ドックコネクタ側)の隙間に挟んだ状態のまま、別のプラスチックヘラを本体上部(フロントカメラ側)方向へスライドさせてパネルを開いていきます。

iPhoneX プラスチックヘラ

反対側も本体下部(ドックコネクタ側)から、本体上部(フロントカメラ側)へとプラスチックヘラをスライドさせて、フロントパネルを開いていきます。

iPhoneX 修理

本体上部(フロントカメラ側)にも防水パッキンが貼られているので、慎重にプラスチックヘラを差し込み、隙間を開けていきます。

iPhoneX フロントパネル開く

フロントパネルを開く際、必ずケーブル接続側がどちらかを確認し、ケーブル接続側と反対側から(写真のように)開くようにしてください。

iPhoneX 分解

接続コネクタを外す

Y字ドライバーを使用し、コネクタカバーのネジを外していきます。

Y字ネジ

コネクタカバーを外せたら、写真の1カ所と3カ所のコネクタを外します。この時、セラミック製のマイナスドライバーや、プラスチックヘラ等を使用してください。【はバッテリーのコネクタなので、最初に外しておくと良いでしょう。】

iPhoneX コネクタ

ケーブルの矢印個所が、下のフロントカメラユニットと接着しているので、ケーブルを傷付ける事なく、慎重に接着箇所を剥がします。

iPhoneX ケーブル
iPhoneX 接着

フロントパネルが完全に本体と分離しました。

iPhoneX フロントパネル分解

最後に

如何でしたでしょうか?iPhoneXのバッテリー交換、液晶交換、カメラ交換等の修理をするには何にせよ、まずはフロントパネルを確実に外せなくてはいけません。

次回からの記事では、iPhoneXのバッテリー交換や画面交換を説明していきます。

※バッテリー交換分解手順については『意外と簡単?iPhoneXバッテリー交換分解手順』をご確認下さい。

ご自身での修理によって発生した故障、不具合等について、当店では一切の責任を負いかねます。又、ご自分でiPhone修理を行った場合はメーカー保証の対象外となりますので、修理を行う場合はデメリット等もご理解の上、全て自己責任でお願い致します。

COMMENT ON FACEBOOK